bdp Interview Series no.6 : Pierre Le Hors
It is a great pleasure for us to feature an interview with Pierre Le Hors and his new book “Patterned Standard of Scenic Dressing”.
Pierre’s books constitutes the living chronicle of the Artist’s craft: From his first work, free and innovative visual experiences of “RGB Transferences” and “Firework Studies”, to his most recent books “Patterned Standard of Scenic Dressing” and “Byways & Through Lines”. Each of Pierre’s books carry implicitly within the perseverance and application required by the craft of book design. His books inspire great beauty and intelligence in its purest state.
The book presented with this interview “Patterned Standard of Scenic Dressing” speaks to the mind directly through the senses by means of graphic symbols. 

bdp: What is the function of an artist studio for you?
PLH: It’s a place to play with materials, to look for connections between what catches our eye, and - in the best of circumstances - to work through problems and open up new ways of working.
But I find that it’s just as important to allow yourself to fail, or to not produce anything at all — sometimes just showing up and putting in some time is half the battle. Sometimes the hardest part is learning to recognize the failures, putting on a record and giving yourself the time to think.

bdp: Why do you make books?
PLH: First and foremost, I’d say that bookmaking is a really useful way of organizing and making sense of photographs. On their own, photos are difficult objects to deal with: thin, fragile sheets of paper that tend to get smudged, bent or creased. My prints mostly end up in boxes, and get taken out from time to time. Or they sit and accumulate on my hard drive. But when individual prints are bound together into a book, they become easier to handle, sturdier, and take on a real dimension and physicality as an object. Books on my shelf feel at once more accessible to me, more attractive, and less precious than loose prints. The series of decisions that bookmaking necessitates allows me to come to terms with my pictures.

bdp: What do you think is the connection between your books?
PLH: To be honest, I don’t spend so much time thinking about the connections between them - the fact that I made them all is connection enough, in my mind. Each one is probably simply a reflection of where I was at, at the time, in my work.

bdp: Tell us a little bit about the experience on making “Patterned Standards of Scenic Dressing”. 
PLH: Laying out that book was challenging, because the photos are all more or less variations on the same subject: intersecting dot patterns. I had edited the photos down to about 40 or 50 pictures, and I tried to come up with a way to hold someone’s attention, as they move forward through an essentially repetitive set of images. I’m not sure if the book succeeds in doing that, exactly, but I ended up cropping the pictures further and leaving more negative space on the page as the book progresses. There are also a couple of surprises thrown in for good measure.

bdp: What do you think is the next direction on your bookmaking?
PLH: I’m not sure I know quite yet. At the moment, I’m trying to redesign my website in a way that reflects more accurately how I see images functioning across various projects, be it books or other material.
☆ Click here to see Pierre’s publications at bdp bookstore! 
☆ Check out Pierre’s website for more → http://blog.pierrelehors.com/
☆ Visit bookdummypress website for more artists’ interviews!
bdpインタビュー シリーズ no.6:ピエール レオール
ピエール レオールのつくる本は、彼のクラフトに対する日々の記録で構成されている。例えばそれは、自由で革新的な初期作品『RGB Transferences』や『Firework Studies』から、最新作の『Patterned Standard of Scenic Dressing』や『Byways & Through Lines』にまで共通することで、一つ一つに彼の根気と見えざる努力がそのブックデザインに隠されている。それだから、彼の作品は最も純粋なかたちで多くの美しさと知性を刺激するのだと思う。
このインタビューで紹介されている『Patterned Standard of Scenic Dressing』は、グラフィックシンボルを使い、あらゆる感覚を通して直接私たちの心に語りかける渾身の一冊。
 
bdp: ピエールにとってのスタジオ/アトリエとは?
PLH: スタジオは、素材で遊んだり、目についたものの中から繋がりを探したりする場所かな。そして何よりも、疑問に取り組み、新しい作業の仕方を切り開くのに適した環境だと思う。
そうは言っても、失敗したり、時には何も創らなかったりすることも同じくらい大切で、肝心なのはスタジオで時間を過ごすこと。過ちを認めて前にすすむためには、自分自身に考える時間を与えることが必要。それが一番難しいけどね。

bdp: なぜ本を作るのですか?
一番の理由としては、本作りは写真を整理したり、解釈するのにとても便利だから。写真そのものは、ペラペラで脆く、すぐ汚れたり、折れたり、しわが寄ったりして扱いにくい。実際に、僕のプリントもたまに取り出して見るくらいで、結局は箱の中かハードドライブに蓄積されていくのが落ち。でもそれを一冊の本にまとめれば、頑丈で扱いやすくなるし、物体としての次元がよりリアルになる。本を作り始めてから、自宅の棚にある本への愛情が増してまた手を伸ばすようになったし、プリントに比べて気兼ねなく手にすることができる。今まで本作りで培ってきた経験が、自分の写真との折り合いをつける手助けになってくれているよ。

bdp: ピエールの作品たちに共通する事は?
正直言って、作品の共通点についてはあまり考えないかな。僕が作ったっていう事実がすべてを繋げていると思う。それぞれの作品は、たぶんその時の僕の立ち位置を表しているんだ。

bdp: 最新作「Patterned Standards of Scenic Dressing」を作った時のことを少し聞かせて下さい。
この本は、色んなバリエーションで撮った水玉模様から構成されているけど、レイアウトがとくに難しかったよ。基本的に同じイメージの繰り返しだから、写真の数を40〜50枚くらいまで減らして、見てくれる人の集中力がとぎれない様になんとか工夫しないといけなかった。今でもその点に関して成功したかは分からないけどね。思っていた以上に写真をクロップしたし、ページをめくる毎に空白の部分を多く残すように仕上げてみたんだ。おまけに、いくつかサプライズも仕掛けてみたよ。

bdp: 次はどんな本作りを考えていますか?
まだ分からないかな。とりあえず、今は自分のウェブサイトをデザインし直しているところ。本にしても、そうじゃなくても、様々なプロジェクトに取り組んでいく中で、イメージがどういう役割を果たしているかをもう少し的確に伝えられるためにね。

☆ bdp ブックストアで扱っているピエールの作品はコチラから。
☆ ピエールのウェブサイト→ http://blog.pierrelehors.com/
☆ 他のアーティスト インタビューを読みたい方はコチラ

bdp Interview Series no.6 : Pierre Le Hors

It is a great pleasure for us to feature an interview with Pierre Le Hors and his new book “Patterned Standard of Scenic Dressing”.

Pierre’s books constitutes the living chronicle of the Artist’s craft: From his first work, free and innovative visual experiences of “RGB Transferences” and “Firework Studies”, to his most recent books “Patterned Standard of Scenic Dressing” and “Byways & Through Lines”. Each of Pierre’s books carry implicitly within the perseverance and application required by the craft of book design. His books inspire great beauty and intelligence in its purest state.

The book presented with this interview “Patterned Standard of Scenic Dressing” speaks to the mind directly through the senses by means of graphic symbols. 


bdp: What is the function of an artist studio for you?

PLH: It’s a place to play with materials, to look for connections between what catches our eye, and - in the best of circumstances - to work through problems and open up new ways of working.

But I find that it’s just as important to allow yourself to fail, or to not produce anything at all — sometimes just showing up and putting in some time is half the battle. Sometimes the hardest part is learning to recognize the failures, putting on a record and giving yourself the time to think.


bdp: Why do you make books?

PLH: First and foremost, I’d say that bookmaking is a really useful way of organizing and making sense of photographs. On their own, photos are difficult objects to deal with: thin, fragile sheets of paper that tend to get smudged, bent or creased. My prints mostly end up in boxes, and get taken out from time to time. Or they sit and accumulate on my hard drive. But when individual prints are bound together into a book, they become easier to handle, sturdier, and take on a real dimension and physicality as an object. Books on my shelf feel at once more accessible to me, more attractive, and less precious than loose prints. The series of decisions that bookmaking necessitates allows me to come to terms with my pictures.


bdp: What do you think is the connection between your books?

PLH: To be honest, I don’t spend so much time thinking about the connections between them - the fact that I made them all is connection enough, in my mind. Each one is probably simply a reflection of where I was at, at the time, in my work.


bdp: Tell us a little bit about the experience on making “Patterned Standards of Scenic Dressing”.

PLH: Laying out that book was challenging, because the photos are all more or less variations on the same subject: intersecting dot patterns. I had edited the photos down to about 40 or 50 pictures, and I tried to come up with a way to hold someone’s attention, as they move forward through an essentially repetitive set of images. I’m not sure if the book succeeds in doing that, exactly, but I ended up cropping the pictures further and leaving more negative space on the page as the book progresses. There are also a couple of surprises thrown in for good measure.


bdp: What do you think is the next direction on your bookmaking?

PLH: I’m not sure I know quite yet. At the moment, I’m trying to redesign my website in a way that reflects more accurately how I see images functioning across various projects, be it books or other material.

Click here to see Pierre’s publications at bdp bookstore! 

☆ Check out Pierre’s website for more → http://blog.pierrelehors.com/

☆ Visit bookdummypress website for more artists’ interviews!

bdpインタビュー シリーズ no.6:ピエール レオール

ピエール レオールのつくる本は、彼のクラフトに対する日々の記録で構成されている。例えばそれは、自由で革新的な初期作品『RGB Transferences』や『Firework Studies』から、最新作の『Patterned Standard of Scenic Dressing』や『Byways & Through Lines』にまで共通することで、一つ一つに彼の根気と見えざる努力がそのブックデザインに隠されている。それだから、彼の作品は最も純粋なかたちで多くの美しさと知性を刺激するのだと思う。

このインタビューで紹介されている『Patterned Standard of Scenic Dressing』は、グラフィックシンボルを使い、あらゆる感覚を通して直接私たちの心に語りかける渾身の一冊。

 

bdp: ピエールにとってのスタジオ/アトリエとは?

PLH: スタジオは、素材で遊んだり、目についたものの中から繋がりを探したりする場所かな。そして何よりも、疑問に取り組み、新しい作業の仕方を切り開くのに適した環境だと思う。

そうは言っても、失敗したり、時には何も創らなかったりすることも同じくらい大切で、肝心なのはスタジオで時間を過ごすこと。過ちを認めて前にすすむためには、自分自身に考える時間を与えることが必要。それが一番難しいけどね。


bdp: なぜ本を作るのですか?

一番の理由としては、本作りは写真を整理したり、解釈するのにとても便利だから。写真そのものは、ペラペラで脆く、すぐ汚れたり、折れたり、しわが寄ったりして扱いにくい。実際に、僕のプリントもたまに取り出して見るくらいで、結局は箱の中かハードドライブに蓄積されていくのが落ち。でもそれを一冊の本にまとめれば、頑丈で扱いやすくなるし、物体としての次元がよりリアルになる。本を作り始めてから、自宅の棚にある本への愛情が増してまた手を伸ばすようになったし、プリントに比べて気兼ねなく手にすることができる。今まで本作りで培ってきた経験が、自分の写真との折り合いをつける手助けになってくれているよ。


bdp: ピエールの作品たちに共通する事は?

正直言って、作品の共通点についてはあまり考えないかな。僕が作ったっていう事実がすべてを繋げていると思う。それぞれの作品は、たぶんその時の僕の立ち位置を表しているんだ。


bdp: 最新作「Patterned Standards of Scenic Dressing」を作った時のことを少し聞かせて下さい。

この本は、色んなバリエーションで撮った水玉模様から構成されているけど、レイアウトがとくに難しかったよ。基本的に同じイメージの繰り返しだから、写真の数を4050枚くらいまで減らして、見てくれる人の集中力がとぎれない様になんとか工夫しないといけなかった。今でもその点に関して成功したかは分からないけどね。思っていた以上に写真をクロップしたし、ページをめくる毎に空白の部分を多く残すように仕上げてみたんだ。おまけに、いくつかサプライズも仕掛けてみたよ。


bdp: 次はどんな本作りを考えていますか?

まだ分からないかな。とりあえず、今は自分のウェブサイトをデザインし直しているところ。本にしても、そうじゃなくても、様々なプロジェクトに取り組んでいく中で、イメージがどういう役割を果たしているかをもう少し的確に伝えられるためにね。


☆ bdp ブックストアで扱っているピエールの作品はコチラから。

☆ ピエールのウェブサイト→ http://blog.pierrelehors.com/

☆ 他のアーティスト インタビューを読みたい方はコチラ