bdp Interview with an American photographer Andrea Stern

It is a great pleasure for us to feature an interview with Andrea Stern and her new book "The Wrong Road Trip".

This is a book made of photographs of a road trip that Andrea took in 1991. Through her recollection of the trip with her photographs the experience become fully significant, as she arranges these fragments of memories in meaningful patterns, transforming reality according to her inner vision: she escapes time through the pages of this book.

As Marcel Proust said, “The real voyage of discovery consists not in seeking new landscapes, but in having new eyes.” 

 -What is the function of the Artist Studio for you?

I’ve rented three studios since my twenties, the first two I abandoned. The grand ideas I carried with me into the “Artist Studio” had me convinced I had nothing to say! It was a disaster for my insecure and budding self.

Relieved from the pressure of a studio, I settled into working from a home office—my desk, a cork wall, file cabinet and the floor sufficed for years. My main source of inspiration was drawn from life, but eventually, this set up became confining. Two years ago, an opportunity for a studio on the lower east side presented itself and I jumped at it. Experience taught me to check expectations at the door, and for the first time, I have enjoyed a space devoted exclusively to my work.

I am currently working on several projects at once, and every surface is covered with work. The physical and mental space gives me room to play and I am no longer afraid to. 

-Tell us about your new book “The Wrong Road Trip”

On a quiet day I cracked opened old photo binders relegated to the top shelf, having been ignored for over twenty years. This is how the Wrong Roadtrip came to light. It was forgotten work. I remember returning home from a trip taken with friends in photo school, disappointed and chagrined, anxious to put the experience behind me.

Making the book was a way to re-discover work, the result of youth and inexperience, with distance and the perspective to value it.  

-What do you think is the connection between your books “WRT” and “Inheritance”?

I returned from the road trip resolved to shift my focus closer to home, to subject matter I was familiar with. The subsequent pictures became the basis for my first book, Inheritance, a body of work made over a fifteen-year period, focused exclusively on family and home life. Inheritance represented a period of my life in which I was singularly focused on one subject, but this left out everything that came before it.

Images from the WRT, which express a very different way of responding and seeing the world, I enjoyed working with what I would describe as a different language. 

At the time, I hated the look and feeling of those images, their utter rawness, and lack of focus.  Today, I appreciate their visceral simplicity. 

-When you work on a book, when do you consider it finished?

My photographs tell me about myself and have always helped me make sense of the world. Each project is born out of some conflict or question I am looking to resolve. It’s an intensely personal quest. When I reach an insight or understanding, the process begins to lose a sense of urgency and I know I am nearing its’ end. 

The WRT is the story of a fantasy and the dissolution of that fantasy, into a nightmare.  In hindsight, it’s easy to see how inevitable and avoidable it was.  I am struck by the ease with which we all take a wrong turn and find ourselves in the wrong place, of our own choice. In big and small decisions in life, we all do it, and it is usually from those “failures,” we learn the most about ourselves. 

I am more careful now. I have learned the value of dreaming, as every idea is born out of desire, the seed of inspiration and magical thinking is a part of that. But I check myself now and prepare myself for the inevitable adjustments necessary to make along the way. 

The WRT was unconsidered on all fronts. In some ways this is the pure beauty of it. 

☆ Click here to see her work → http://andreasternphotography.com/

☆ The Wrong Road Trip now available at bdp! → http://store.bookdummypress.com/product/the-wrong-road-trip-by-andrea-stern

bdp インタビュー:アンドレア・スターン(米)

NYを拠点に活動している写真家アンドレア・スターンとのインタビューと、彼女の最新作「The Wrong Road Trip」をご紹介できる事を嬉しく思います。

この本は、91年にアンドレアが敢行したロードトリップの写真をまとめたものです。学生時代に撮った写真か ら当時を回想する事で、彼女にとって旅の経験は限りない意義を持つようになりました。これらの記憶の断片を有用に並びかえ、アンドレア自身のビジョンに合わせて現実を展開させることで彼女はページをめくる度に時を超えていたのではないでしょうか。

かつてフランスの作家マルセル・プルーストが「真の発 見の旅は新しい風景を探し求めるのではなく、新しい目を持つ事にある」と言ったように。

-アンドレアにとってのスタジオ/アトリエとは何ですか 

20代から今まで三回スタジオを借りてきたけど、始めの二つは全く使いませんでした。“アーティストスタジオ”に対する観念が壮大すぎて自分が無能に思えてきたんです。すでに不安定で未熟だった当時の自分にとって追い打ちをかけるものでした。

そこでスタジオを持つというプレッシャーから離れて自宅にオフィスを設け、使い慣れている自分の机やコルク板、キャビネットや床を使って作業する事にしたのです。作品へのひらめきは日常生活から得る事が多かったし、何年かは充分事足りていましたが徐々にまた窮屈に感じる様になりました。 なので二年前、運良くロウワーイーストサイドにスタジオの空きがあると聞いた時はすぐに飛びつきました。

今はこれまでの経験から学び肩の力を抜いたせいか、自分の作業に没頭できる場所を初めて楽しんでいます。現在は、複数のプロジェクトを同時進行しているため常に壁全体が作品で埋められている状態です。物理的、また精神的なスペースを設ける事で色々と試せるし、それに対する恐怖感もなくなりました。

 -新しい写真集 “The Wrong Road Trip” について教えて下さい。 

ある静かな日に、棚の一番上に追いやられ20年以上も放っとかれていた古いバインダーを開けてみたんです。これがThe Wrong Road Trip (以下略WRT)のはじまりです。すっかり忘れていた作品でした。写真学校の友達と出かけた旅から帰ってきた時、あまりの落胆と悔しさで一刻も早くその経験を葬り去りたかったのを覚えています。

若さと経験不足の果てをいま冷静に見つめ直して本にまとめる事で、作品を再発掘する事ができたと思います。 

-もう一冊の写真集 “Inheritance” (継承)とはどう関係していると思いますか。

ロードトリップから戻ってきた時、自分がもっと精通している題材=家庭を撮ろうと決めました。その後15年以上独占的に家族と家庭生活を撮り続け、その写真を基に処女作“Inheritance” を出版しました。“Inheritance” は、題材を一つに絞って写真を撮り続けた私の人生のある時期を象るものであり、その前に起こった事はすべて除いています。

それに比べてWRTは全く違う視点から世の中を捉えたものであり、いわば異なった言語を使って作業する事はとても楽しかったです。

当時は、WRTの写真の見た目も感触もてんで未熟で焦点の定まっていないところが嫌いでしたが、今ではその赤裸々な純真さが気に入っています。 

-本作りをしている時どのタイミングで完成だと決めますか。 

私にとって写真は、自分が何者かを教えてくれいつも世の中を理解する手助けをしてくれるものです。各プロジェクトは何らかの葛藤や疑問を解決したい思いから生まれたもので、とてつもなく私的な探求です。その作業が洞察や理解に達したとき、被写体に対する切迫感が徐々に失われ始めプロジェクトの終わりが近づいているな、と感じます。

WRTはおとぎ話であり、そのおとぎ話が悪夢に変わっていく物語です。いま考えると、いかにそれが必然的で不可避だったかは明らかですが。 自ら誤った方向に進んで見当違いの場所に行き着いてしまう事がいかに容易いか、いつも驚かされます。過ちは大小関わらず誰もが生活の中で判断を下すとき必ず起こるだろうし、そこから学ぶことがとても多いと思うのです。

今の私はもう少し慎重になりました。全てのアイディアが欲求から生まれ、一瞬のひらめきや素晴らしい考えをもとに夢見ることの大切さも学びましたが、もっと冷静に構え必要に応じて調整しながら進んでいます。 

WRTはすべての面で荒削りだけど、そこがこの作品の美しさなのかもしれません。

☆ アンドレアのウェブサイト → http://andreasternphotography.com/

☆ “The Wrong Road Trip” はbdpブックストアでお買い求め頂けます。 http://store.bookdummypress.com/product/the-wrong-road-trip-by-andrea-stern